金正恩が脱北する日

 

表紙

高 永喆(扶桑社、830円+税)

6月12日、米朝首脳会談が行われ、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の間で、肯定的な非核化が成立。

だが、今回の結果について「偽装平和の可能性が高い」と警鐘を鳴らすのは、拓殖大学主任研究員であり、元韓国国防省北朝鮮分析官である高永喆氏(大学院59回)。

我々、日本国民に「正しい情勢分析と状況判断は国の運命を左右する」という教訓を掲げたうえで、真実を明かしていく。

非核化は? 拉致問題は? 戦争やテロは? すべての問題に切り込み、今まさに起こっている北朝鮮情勢がこの一冊でわかる!

リアルタイムに情勢を追いながら筆を進めた高先生の完全書き下ろし作品です。

Amazonで買う

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。