月井隼南さんを囲む会

 

集合写真

日時
2018(平成30)年3月26日(月)
会場
マニラ首都圏マカティ市・はつはな亭
人数
4人
出席者
[写真左から]大井央久(学90貿易) 月井隼南(学112国際) 峠崎洋介(学70貿易、フィリピン支部長) 浅野雄司(学87英米語)

国際学部卒(112期)、空手道部出身、剛柔流空手道2段、月井隼南(じゅんな)さんを囲んで食事会を開きました。

隼南さんはフィリピン生まれ、3才までフィリピンで育ちました。お母様はフィリピン人、お父様は日本青年海外協力隊員として空手指導のため30年前にフィリピンに駐在していた方です。1才にならない頃から空手を教えられたとか。小学6年、中学、高校の全国大会、インターハイ、新潟国体でそれぞれ優勝。2014年空手道剛柔会世界選手権大会女子個人組手50kgでも優勝。フィリピン空手道連盟の招聘により、フィリピンスポーツ委員会空手ナショナルチームの指導のため2017年からフィリピン滞在中。フィリピン国籍を持ち、空手が正式種目になった2020年の東京オリンピックにはフィリピンチームの一員として参加することも視野に入っています。そうなれば、フィリピンにとって初めてのオリンピック金メダルを隼南さんが獲得することも夢ではありません。

峠崎洋介

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。