中本健太郎世界陸上壮行会

 

集合写真

日時
2017(平成29)年5月7日(日)
会場
福岡県・ステーションホテル小倉
人数
約40人

花束贈呈

本年8月4日から13日までロンドンに於いて開催される第16回世界陸上競技選手権大会2017男子マラソン日本代表に選出された中本健太郎拓兄(104期)の激励会が5月7日ステーションホテル小倉に於いて開催された。

当日は平成29年北九州支部総会、九州連合会総会後、壮行激励会及び懇親会が開催され、村上茂樹(73期)北九州支部長、川口廣祥(71期)九州連合会代表、佐藤守彦(66期)学友会副会長から激励及び祝辞が述べられ、学校法人拓殖大学、学友会本部、学友会九州連合会、戸高鉱業社、出席者全員から激励金、井上富美子(70期)学友会広報委員長から花束贈呈がなされた。

中本健太郎拓兄からは「ロンドンは験が良い場所であり、皆様の期待に応えられるように頑張ります。またその姿を母校陸上部の後輩達に見せて箱根駅伝での活躍につなげたい」との挨拶がなされた。

佐藤守彦学友会副会長からは「今回のロンドンで活躍し、3年後の2020東京オリンピックでは優勝を目指してほしい、本人もまだまだ若いし精神力の要素の強い競技なので中本君ならきっと成し遂げられる」との激励が述べられた。

その後、小戸昭洋(64期)先輩の乾杯の音頭にて懇親会に入り九州他各地から集まった学友で賑わった。

最後は中本健太郎選手の必勝を祈念して安井信幸(76期)拓兄発声のもと興亜の雄図、オス三唱を全員が乱舞、乱動して激励した。

安井信幸(76期)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。