高橋諒、オリンピック世界最終予選へ

 

高橋諒、オリンピック世界最終予選へ

アゼルバイジャン・バクーで6月15~26日開催予定のリオデジャネイロオリンピック世界最終予選大会に日本から6階級6名が派遣される。高橋諒(113期、八王子学生生活課)がリオオリンピック出場をかけ最後の挑戦にむかう。

全日本合宿が自衛隊体育学校、ナショナトレーニングセンターで行われているが、予選突破に向けたトレーニングは全日本チームだけでなく、他大学、プロの王者、拓大ボクシング部員はもちろんだがOBまでがスパーリングパートナーを務めて高橋をバックアップする。

最終予選では世界各国から多くの選手が集まるが、リオオリンピック代表権を獲得するのは5位以内とされている。

本人コメント「リオオリンピックへ行くことを信じています」

ボクシング部コーチ 星野大輔(102期)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。