東海連合会臨時総会・岐阜県支部臨時総会

 

東海連合会臨時総会・岐阜県支部臨時総会

70期代の新連合会代表選出

3月に東海連合会の臨時総会を、岐阜市内で開催しました。

議題は、会長等の人事案件を行う目的で、会合を行いました。3月末をもって愛知県の小笠原晴生(63期)代表が退任されるので、その後任を選ぶため臨時に総会を開き、協議した結果、4月からは岐阜県の鈴木雅己氏(71期、岐南町在住)が代表として選出されました。

代表以外に、副代表に三重県の杉野司郎氏(68期)、幹事長に愛知県の小笠原晴生氏、事務局長に岐阜県の子安俊彦氏(72期)を選出し、任期は4月から2年間としました。今後の新幹部の方のご活躍を期待します。

また、定期総会の日程を、9月17日(土)に、午後5時30分から岐阜市の「リソル岐阜」で開催することも決定しました。

新支部長に71期の鈴木雅己氏

3月中旬に岐阜県支部の臨時総会が岐阜市内で開催されました。

当日の参加者は8名(欠席は7名で決議は全権委任)で、議題は会長等の人事案件を行う目的で会合を行いました。

3月末をもって大野茂夫(64期)支部長が退任されるので、その後任を選ぶために臨時総会が開かれ、協議の結果4月からは鈴木雅己氏が支部長として選出されました。

世代交代として若手に切り替えるため、70期代に支部長職を任せる理由で、参加者の満場一致で鈴木氏を選びました。

また、4月から岐阜県支部長は東海連合会の代表職で、2年間は愛知・三重・岐阜県の3県代表として活躍することにもなります。

鈴木新支部長は「若輩でありますが、皆様と一緒に岐阜県支部を盛り上げ、若年層の参加を促し、拓殖大学の名前を広めていきたい」と抱負を述べました。

次の新体制で、岐阜県支部は4月から邁進したいと考えています。

最高顧問 田中 長剛 (63期)
顧問 大野 茂夫 (64期)
稲田 由美子 (65期)
相談役 日置 富士夫 (64期)
田中 長紘 (68期)
支部長 鈴木 雅己 (71期)
副支部長 子安 俊彦 (72期)
平山 秀樹 (75期)
三輪 武 (99期)
幹事長 田沼 明 (80期)
事務局長 虫賀 靖起 (85期)
監事 中村 陽呂志 (73期)

また、人事案件以外にも、定期総会を9月17日(土)に岐阜市の「リソル岐阜」で午後6時から総会、午後7時から懇親会を開催することも決定しました。

岐阜県支部副支部長 子安俊彦(72期)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。