拓大交流会及び紅陵祭を終えて(石井啓太)

   2018/04/05

農学ビジネス学科 地域振興ビジネスコース 1年 石井 啓太

初めに今回の拓殖大学紅陵祭学生交流訪問に参加させて頂き、心より感謝申し上げます。

この度の交流会には北短学生自治会代表として参加することができました。参加に当たって私は様々な事を楽しみにして東京に向かいました。そして実際感じたことをまとめ、お礼とさせていただきます。

一つ目は25年ぶりに文京キャンパスで紅陵祭が行われるということで、学部の学生達はより一層気合いが入っているなと感じました。そして校舎を新しく建設したということなので実際に利用し見学してみたところ、綺麗で清潔感溢れる室内で、人が多いにも関わらず詰まることもなくスムーズに利用することができました。

学生数が多いせいか出ている屋台の商品も多く、見て回るのがとても楽しかったです。来年度、私が大学祭を企画する際は、参考になる点が多かったです。

二つ目は二日目の夜に行われた拓大学部の学生との交流会です。こちらの学生が9人に対して学部の学生は5人でしたが、すでに移動の際から意気投合し、仲良く交流出来た事がとても印象深いです。5人ともそれぞれの違う学部から来ており、一人ひとりと色々な会話をすることができ、とても楽しかったです。北短の大学祭の事やミュージカルの事、学部編入の話など、どれも交流会に参加しなければ分からないことばかりでした。そしてなにより一番感動したのは、みんなでもう一度交流したいと思えたことです。別れる際に連絡先を交換し合い、写真を撮り、さらに親交を深められたのも良き思い出になりました。

私は今回の交流会では自分の目指している学部の方の話を聞き、様々な助言を頂き、より一層拓殖大学に編入したいと感じました。そして普段なかなか体験出来ない貴重な時間を過ごすことができ、本当に良い経験になりました。

私たちはこの経験を決して無駄にすることのないよう、今後の大学生活に活かすことで今回お世話になった方々への恩返しになると考えています。来年度は学生自治会長として北短の学生代表となりますが、まずは大学祭を成功させる事を一番の目標としたいです。

最後になりますが拓殖大学訪問に際しまして、学友会を初め様々な方の支援で貴重な体験をさせていただくことができました。この体験をこれからの生活に活かし、より一層頑張っていきたいです。ありがとうございました。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。