79期杉山龍雄氏、上海市から白玉蘭賞を受賞

   2020/10/22

授賞式集合写真

左端が杉山氏

杉山 龍雄 氏(79期・外国語学部中国語学科―日本通運株式会社常務執行役員、在上海市)が、長年中国・上海市における先進的物流企業経営、上海海事大学への奨学金・寄付講座運営等が評価され、白玉蘭賞を授与されました。9月16日、同市「静安シャングリ・ラ上海ホテル」にて授賞式が開かれました。

この賞は、上海市の友好交流協力、社会的発展に貢献した上海市在住の外国人を表彰するものです。本年度は、受賞者50人中、日本人5人の一人として受賞しました。

杉山氏は、拓殖大学第一高等学校にて第二外国語の中国語を学び始め中国語研究会で活躍、拓殖大学入学後は中国語学科でさらに語学に磨きをかけるとともに中国研究会に所属、台湾国立台北師範大学に留学するなど拓大時代を謳歌しました。

卒業後は、日本通運株式会社に入社、主に中国との物流業務を担当、台湾日通の総経理(代表取締役社長)など歴任。現在は同社常務執行役員・東アジアブロック地域統括(中国・台湾・カザフスタンなどの中央アジア五ヶ国)として、東アジア各国との友好関係を深め、物流事業で活躍されています。

(白玉蘭賞受賞概要・写真は、日本通運株式会社様よりご提供いただきました)

栃元 昇(79期)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。