平和祈念展示資料館戦後75年企画展「ちばてつや×森田拳次 漫画家からのメッセージ」

 

チラシ

日時 令和2年8月12日(水)~11月15日(日)
前期:8月12日(水)~9月27日(日)
後期:9月29日(火)~ 11月15日(日)
9:30~17:30 (入館は17:00まで)
休館日:毎週月曜日、8月23日(日)、9月23日(水)
ただし9月21日(月・祝)は開館

会場 平和祈念展示資料館 企画展示コーナー

2人の漫画家は、ともに1939(昭和14)東京生まれ。ともに生後まもなく日本を離れ、別々に満州国奉天(瀋陽)へ。日本の敗戦で、ちばは1946年6月、福岡県博多港へ。森田は山口県仙崎港へと引き揚げる。

ちばはスポーツ漫画の他に日本海軍パイロットを主題とする「紫電改のタカ」をはじめ、「あしたのジョー」や「のたり松太郎」で名をあげた。森田は引き揚げ体験記「ぼくの満州」などを描いた。この両者の他に陸軍双発軽爆撃機を操縦して特別攻撃隊9回出撃の末、フィリピンから奇跡の生還を果たした実在の伍長を描いた東直輝や、南方の激戦地「ペリリュー―楽園のゲルニカ―」を描いて現在著名人の武田一義など4人の展示も。(M)

戦後75年企画 「ちばてつや×森田拳次 漫画家からのメッセージ」 – 平和祈念展示資料館(総務省委託)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。