東京都連合会支部長会・忘年会

 

集合写真

日時
2019(令和元)年11月19日(火)
会場
文京区・講道館レストランじぇびあん
人数
25人
来賓
河田昌一郎(拓殖大学常務理事) 赤澤 徹(学友会長) 山田作人(同事務長)
出席者
吉村洋治(学73、都連代表) 加藤紀昭(学91、江戸川) 寶谷鉄明(学76、足立) 石井量久(学73、葛飾) 一戸隆男(学73、新宿) 佐藤泰夫(学66、中野) 小楠優介(学106、杉並・代理) 澤田 勉(学79、渋谷) 大内田澄隆(学68、世田谷) 長谷幸夫(学72、中央) 香月秀之(学77、港) 平 和仁(学81、品川) 松田大三(学69、大田) 井上木太郎(学72、目黒) 今野弘明(学74、板橋・代理) 大山展生(学69、練馬) 阿久井義人(学74、八王子) 山田耕治(学88、多摩中央) 高橋宏明(学84、多摩東) 棚本政宏(学77、港・幹事) 池田大作(学101、港・幹事) 重松 公(学85、練馬・幹事長)

11月19日午後6時より講道館地下1階レストランじぇびあんにて支部長会を開催した。

司会は都連幹事長・練馬支部長大山が担当、開会の辞に次ぎ、平品川支部長の指揮により校歌斉唱、黙祷をした。都連代表・吉村文京支部長の挨拶に続き、ご来賓の学友会赤澤徹会長より「来年2月29日の学友会110周年の祝賀会に現在約700名の申し込みがある(入金者約400名)、地元の都連より多くの学友が参加するよう」各支部長に対し激励された、また正月の箱根駅伝に都連から応援・支援を今まで以上に実施して欲しい旨要請があった。続いて同じくご来賓の拓殖大学河田昌一郎常務理事より、すでに来年の入試が始まり順調に実施されているその他大学の現状説明を頂いた。

続いて総会で吉村都連代表の司会により議事進行。
①来年の110周年祝賀会に都連支部長はひと踏ん張りして学友を勧誘するよう指示あり
②110周年に地方は銘酒を提供するよう要請しているので、都連は大樽を提供する旨提案があり、賛成を得た
③箱根駅伝の支援のため、今後都連の会合は会費1万円とし、その余剰金を箱根駅伝支援金の予備金としてプールする旨提案があり、賛成を得た。

総会終了後、懇親会を開催、今年はちょっと早いが忘年会を兼ねた。一戸新宿支部長の乾杯の音頭で宴会に入った。約、2時間半都連が一体となって大いに盛り上がった。最後に、佐藤中野支部長をリーダーに阿久井八王子支部長、平品川支部長を従え、興和の雄図、押忍三唱で忘年会を終了した。

都連幹事長・練馬支部長 大山展生(69期)

議事の様子懇親会の様子

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。