スポーツ歴史の検証 1964年東京大会を支えた人びと

 

表紙

企画・製作 笹川スポーツ財団(新紀元社、1800円+税)

笹川スポーツ財団が昨年刊行した「1964オリンピックを成功に導いた人びとの物語」を神田錦町の出版社が作り直した有料の新刊書。まずA4横書き同名の書籍を読みやすくA5変形縦書きで半分の大きさに直して刊行したこと。内容は変わらず第1章「国旗にまつわる秘話」=吹浦忠正から
第2章「テレビ放送技術の革新」=杉山茂
第3章「陸上競技スターター」=野崎忠信
第4章「トップ通訳」=島田晴雄
第5章「間近で見たオリンピック・ムーヴメント」=星野綾子
第6章「日本のメディアはオリンピックで何を伝えたのか」=宮澤正幸
第7章「世界へ広がったピクトグラム」=村越愛策
第8章「人生の転機」=吉田紗栄子
第9章「選手村スタッフ」=鈴木勇・遠藤澄枝
第10章「日本復興に」=野村鋠市
第11章「成功させたい気持ち一致団結」=熊谷康・松下治英
おわりに「インタビュアー」=佐塚元章元NHKアナウンサー。(M)

Amazonで買う

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。