第88回関東学生馬術争覇戦

 

薬師・レイバジェ

薬師・レイバジェ

柳瀬・シャトルアップ

柳瀬・シャトルアップ

9月9日に学生馬術争覇戦(3部)決勝戦が神奈川県津久井馬術競技場で行われました。

拓大は3年ぶりの学生馬術大会出場で、4年ぶりの優勝を狙いました。

決勝戦の相手は成蹊大学です。1試合目薬師豪太郎(拓大2年、乗馬レイバジエ=成蹊大持ち馬)が勝利、2試合目柳瀬虎太郎(同・主将、乗馬シャトルアップ=拓大持ち馬)は惜敗。1勝1敗で減点差の小差で敗退、準優勝に終わりました。

部員5人と馬4頭で、漸く試合に出られる状態になったことと、久しぶりの試合で選手は相当緊張したようですが素晴しい結果を出したことに感激しました。これからはドンドン試合に出場し経験を積んでほしいと願っています。遠い会場に応援に来ていただいたOB・OGに感謝します。応援者は村上法芳先輩(67期)、高橋翔平君(114期)、川井美雪さん(同)と大山の4人でした。

馬術部OB・OG会長 大山展生(69期)

集合写真表彰式

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。