関東大学ラグビーリーグ戦一部二部入替戦 拓大対立正大

 

試合風景

平成29年度関東大学リーグ戦一部二部入替戦は9日、熊谷ラグビー場Bで試合を行い、拓大は40対40で立正大と引き分けだったが、規定により一部残留が決まった。すでに季節は師走で熊谷ラグビー場Bは冷たい風が吹いていたが、多数の拓大関係者が応援にいた。

前半は同点のまま折り返し、後半は石田浩洋選手(4年)の2本のトライで一時は差をつけたが、再終盤に追いつかれ最後は辛うじてゴール前の攻防を凌いで一部残留への執念をみせた。

格下相手に意外と苦戦したが、残留の瞬間は拍手喝采だった。また、地元・立正大の大応援団に数量ではかなり劣っていたが、拓大側は常に暖かい声援もあった。

三角洋平(102期)

試合風景試合風景

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。