平和祈念展示資料館<企画展「凍土に眠る戦友への思い 絵画に見るシベリア抑留」>

 

平和祈念展示資料館<企画展「凍土に眠る戦友への思い 絵画に見るシベリア抑留」>

日時
6月28日(火) ~9月25日(日)
9:30~17:30 (入館は17:00まで)
休館日:7月25日(月)、8月28日(日)

終戦後シベリアや外モンゴルで過酷な労働を強制された日本軍将兵や一般人は57万5000人。酷寒そして乏しい食料の中で栄養失調や発疹チフスなどで落命した数は5万5000人もいる。女優松島カズコさんの父君も還らなかった。祖父は母校13期生の松島博二氏(元三井物産中国支店長)である。内地帰還の夢を果たせず、異国の丘に眠る在学生・卒業生は40人を超える。(M)

企画展「凍土に眠る戦友への想い-絵画に見るシベリア抑留-」 – 館内イベント – 平和祈念展示資料館

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。