釧根支部総会

 

平成26年度釧根支部総会

平成26年度学友会釧根支部総会は7月26日(土)午後6時30分から、鵜沼康有支部長(65期)の実弟の居酒屋「たいむ」において開催されました。

中川隆幹事(68期)が開会宣言し、参加者全員で校歌斉唱、鵜沼支部長から挨拶がありました。続いて、来賓として北海道連合会代表大館一生氏から大学の近況報告があり、来春4月から政経学部と商学部が八王子キャンパスから文京キャンパスに移転すること、最近の学生の7割程度が関東一円の出身であること、全学生の25%が女子で占められていること、また、ラグビー部や女子バスケット部等が北海道紋別市で夏季合宿に来ていることなどが説明されました。

さらに、当支部相談役の新党大地代表鈴木宗男氏(68期)から大学が冬の時代に到来すること、ルネサンス事業の寄附についてなどの挨拶がありました。 その後、衆議院議員、新党大地鈴木貴子氏の祝電が披露され、平成25年度支部活動報告、収支決算報告及び平成26年度支部活動計画、収支予算案が審議され承認されました。

引き続き、懇親会に入り中川隆幹事の音頭で開宴し、時間が経つにつれ学生時代の思い出に花が咲き、先輩、後輩を問わず歓談しました。二次会へと霧の街釧路の夜へと懇親を深め、また再会することを誓い散会しました。

釧根支部幹事 林 敏(73期)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。