千葉県支部 第3回親睦ゴルフコンペの挙行

   2014/04/01

千葉県支部 第3回親睦ゴルフコンペ

11月9日(金)県下山武市松尾町の「ラフォーレ&松尾ゴルフ倶楽部」に於いて、千葉県支部恒例の第3回親睦ゴルフコンペが55人の参加者のもとに盛大に挙行されました。

深まりゆく秋の絶好なゴルフ日和に、日頃の腕前をいかんなく発揮され午後3時前にホールアウトし、表彰式を兼ねた親睦会に直ちに移行いたしました。麻生安夫拓兄(75期)の司会進行のもと、先ず、森永輝秀拓兄(65期)のリードで校歌斉唱、次いで本間進大会実行委員長(県副支部長、75期)の御礼の挨拶、長嶋光太郎大会会長(県支部長、63期)の今回のオリンピックにおける学友の大活躍の報告を含めたご挨拶の後、和気あいあいの歓談も、まもなく、成績の集計が整い、中島賢治拓兄(82期)の進行と藤田雅夫副支部長(64期)の乾杯の音頭で、待ちに待った表彰式となりました。

優勝は、本日1日だけの拓大OB生の古川満さんで、スコアはグロス76で文句なしのベスグロ優勝でした。準優勝は、前年度優勝者で、今回のコンペの幹事長としてお骨折りをいただいた並木正見拓兄(74期)で、次回の幹事長ともなりました。3位は夏目康広拓兄(75期)、ブービー賞は川手健豪拓兄(66期)、特別賞の紅一点賞には、本間進副支部長の奥様の本間光子さんに授与されました。この他、ドラコン賞・ニアピン賞・各飛び賞にゴルフボールや5㎏入りの新米、カレンダーなど、賞品提供にご協力いただいた方々のご厚意で、盛り沢山の賞品授与となりました。

最後に、各ショートホールでのペナルティーの総額5万円余が、県支部の運営費として、鈴木道夫幹事長(70期)に寄贈され、池谷正男拓兄(68期)の押忍三唱の締めで来年の参加を誓い合いながらの楽しい親睦ゴルフコンペがお開きとなりました。

なお、ゴルフコンペの提唱者であり、参加者中最年長者の及川英夫先輩(58期)が足の怪我で急遽不参加となったことが残念でした。

藤田雅夫(64期)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。