専23期、学50期の同窓会

   2014/05/02

専23期、学50期の同窓会

平成21年10月6日、東京駅一番街「まぐろ茶屋北の浜」に会席を設けて、20数年振りに同窓会を開催した。小泉文男、竹下敏雄、内田雄三、羽根田豊、松本壽夫、柳谷養、高倉昭生、高見澤国雄、永森忠夫、渡邉誠の10名の学友が参加した。栗田昭、空閑達、小山好男、村主傳司、市野川和夫、森良雄、後藤豊などの学友から、体調不良のため欠席との連絡があった。お大事に!

同窓会は笑顔で近況報告。懇親会は和やかな雰囲気のなか、熱い情感をもって、紅葉ヶ丘の学窓を想いながら情報交換。それなりよい意味での書生気質を忘れずにとの同窓会であった。

再会を期待して、再見!その感想は、竹下先輩”学友は、それなりに、老人となるが、元気をもらった”と!小泉先輩”拓大の三年間は、学舎の貴重な体験でした”と!

渡邉 誠

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。