木洩れ陽

 

表紙

三代川正秀(DTP出版、2,400円+税)

最近まで茗荷谷たより(学友会刊行)に烈士脇光三を主体に満蒙の風土などを執筆した筆者(66期・元拓大副学長)が76歳を迎えた記念に筆を執った。この出版で手記は第3集を数える。新しいのは<大戦中の日系移民>で、満州挽歌から始まる。歴史は次に「州都デンバーの日系人」とか「戦時日系人キャンプについて」まで進む。ごく最近になって米カリフォルニア州知事が戦時中に拘束した日系人に対して陳謝したニュースが海の向こうから聞こえてきた。とにかく母校の歴史、戦時中の専門部拓殖科・武徳科・開拓科までの変遷をよく調べていることに敬意を表したい。ほかに著者の講義用テキスト=上級簿記論・会計実務論講義要綱など3部作も同出版社により世に出されている。(M)

問い合わせ:DTP出版 03-5621-4531

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。