関東学生馬術争覇戦

   2019/09/04

選手、監督集合写真

第89回関東学生馬術争覇戦が8月31、9月1日開催されました。

この大会は毎年各部ごとに開催されますが、今年3部は12校のうち参加は拓大のみで、その結果、格上の2部校のグループで戦うことになりました。2部校の試合は自校の持ち馬2頭と相手校2頭の4頭、各校4人出場で試合をします。ちなみに1部校は3頭ずつ6頭、6人出場で戦います。

1回戦東大と2-2で総減点数の少ない拓大が勝ちました。2回戦は法政と対戦、2-2でしたが総減点数拓大-58、法政-52の6ポイント差で敗れました。3・4位決定戦にまわり、中大に3-1で勝ち3位になりました。

2部校は3部の拓殖大学がこんなに活躍するとは予想しておらず、悔しかったのではないでしょうか。阿部監督(94期)は各大学から賞賛を受けました。これは女性部員2人の大活躍の賜物でしょう。

拓大は毎年2回の学生大会出場なので、私も久しぶりに会った大会役員の皆様からおめでとうと祝福を受け、村上法芳先輩(67期)と2人で応援に行った甲斐がありました。

[1部]優勝 麻布大学 2位 東京農業大学 3位 日本大学
[2部]優勝 法政大学 2位 東海大学 3位 拓殖大学(監督阿部和美=94期、主将簗瀬虎太郎、薬師豪太郎、佐藤実緒=以上3年、井野倫果=1年)

馬術部OB・OG会長 大山展生(69期)

試合風景表彰台集合写真


掲載当初、2部順位の1位と2位が間違っておりました。お詫び申し上げます。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。