71期会

 

集合写真

日時
2019(平成31)年3月30日(土)
会場
東京都台東区・上野精養軒
人数
59人
出席者
秋山 保、芦澤英次、安保峰子、飯島勇夫、井出久江、稲岡伸穂、入谷 進、岩野賢次、遠藤今朝男、大橋 昭、小田治雄・とき江令夫人、尾出恭男、小山英二郎、片岡謙仁、川口廣祥、河野義雄、川端茂樹、楠瀬 隆、熊谷修和、熊木信義、黒﨑 勉、郷 正仁、斎藤泰明、佐久秀幸、桜井春夫、篠宮和明、清水利隆、菅波映二郎、鈴木雅己、須田敏男、関 英雄、田中ことち、田中邦廣、田中信行、田村武司、長滝信男・るみ子令夫人、永沼次丸、中山隆雄、西澤俊明、西村邦明、林 賢一、張替政寛、福田宗吉、藤田憲一、船橋正憲、町田 実、丸田眞市、丸本健一、溝際庸介、三宅広史、宮崎幸治、村中 豊、守屋林一、山口俊高、吉川 修、吉田 皇、饒平名知優、李 秀芳

会場の様子

第8回71期会は、去る3月30日12時から、桜が満開の上野公園内の精養軒に於いて開催された。

今回は年度末の多忙な時期と重なった為、残念ながら学校と学友会からの出席は叶わなかったが、北海道から沖縄まで、はてはアメリカのサンディエゴからも、59名(同伴夫人2人を含む)が一堂に会した。

安保さん、井出さん、両女性の司会により、楠瀬君の開会の辞では、校歌の出来たいきさつと、“押忍”は「自我を抑えて我慢する」との解説に始まり、物故者への黙祷、校歌斉唱へと続いた。代表幹事の張替君は“ソメイヨシノ”とは染井村(現、駒込)で育成された吉野桜との説明があり、さらに、71期会は3年ごとにやっているが、2020年は大半が「古希」を迎えるため、連続にはなるが、古希の祝いを兼ねて、来年も71期会を開催したいとの発表があった。続いて、学友会九州連合会代表川口君、四国連合会元香川県代表清水君(いずれも71期)の各地域における活動状況を含んだ祝辞を受け、サンディエゴ在住の李さんによる乾杯の音頭で歓談に入った。

今回初参加の8名の方々の自己紹介の後、宴もたけなわになった頃、のどに自信のあるメンバーが我も我もと、飛び入りで自慢ののどを披露してくれた。13時半頃からは、プロ歌手の人見麻紀子さんによる歌とトークでさらに一層盛り上がり、丸岡君の「来年もまた元気で会いましょう」との閉会の辞で、15時に散会となった。

三宅広史

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。