国境なき医師団と文京区社協の写真展に終戦直後の拓大が展示

 

5月22日(火)から25日(金)まで文京シビックセンター1階で終戦直後の拓大校舎風景4点パネル写真が展示されています。これは国境なき医師団と文京区社会福祉協議会(煙山力・元区長=拓大卒業生の保護者)による「フミコム!写真展」で、世界の現状を伝えることが目的。地元文京区の拓大戦災風景写真は百年史編纂室が提供した。戦時下、隣接の帝国女子専門学校(現相模女子大学)が空襲で全焼した被災地風景も拓大提供の一点。(M)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。