北海道短期大学 レポート(桐野由美)

 

交流会

政経学部法律政治学科 2年 桐野由美

今回私は、紅陵祭において、所属している演劇研究会が総長杯を頂いたということで、北海道の諸先輩方にお招きいただき、参加させていただきました。

まず、初日にミュージカルを拝見しました。会場は満員となっており、拓殖大学北海道短期大学と地域の方々との深い繋がりを感じることができました。上演時間は途中休憩をはさみ、約2時間ほどでした。キャストの方々の圧巻の演技力、歌唱力に、一気に引き込まれました。演劇研究会に所属しているということもあり、大きな刺激を受けました。エンディングでは、思わず涙してしまい、私もこのような素晴らしい舞台を作り上げたい、と強く思いました。今後の活動においても、これまでより更に真剣に、真摯に取り組んでいきたいと、改めて決意させていただきました。また、ご来場されたお客様が涙を流しながらも、とても晴れやかで優しい表情をされながら、お帰りの際に、キャスト、スタッフの方々に「最高だったよ。」、「お疲れさま。」、「来年も楽しみにしてるからね。」と声をかけている姿をみかけ、やはり舞台は人の心を動かすことができるのだと、実感させていただきました。

ミュージカルを拝見した後、北海道短期大学の学生の方々や、学友会の方々との交流会に参加させていただきました。北海道ならではのお話もお伺いし、終始笑顔の絶えない、和気あいあいとしたものでした。交流会の最中感じたことは、皆さん、拓殖大学、拓殖大学北海道短期大学のことを深く愛し、卒業したこと、あるいは所属していることに誇りを持っているということです。私はここでも刺激を受け、拓殖大学の学生であることにもっと誇りを持ち、尊敬する諸先輩方の後輩として、恥じることのないよう、今後も勉学に取り組んでまいります。

翌日には実際に校舎内を見学させていただきました。校舎内には、農業ビジネス学科が利用する実験室や、保育学科で使用するピアノがいくつも並んでいる教室などがあり、東京のキャンパスにはない独自のものを拝見させていただきました。

今回は一泊二日という短い時間ではありましたが、共に北海道へ出発した9名の仲間と、引率してくださった藤野さん、そして、学友会や拓殖大学北海道短期大学の方々を始めとする、北海道で出会ったすべての方々には本当に感謝しています。とても貴重で有意義な時間を過ごすことができ、自分自身、成長できたのではないかと感じています。今回の訪問で経験したこと、感じたことを今後活かしてまいります。