宇宙アサガオの種を幼稚園に寄贈

 

宇宙アサガオの種を幼稚園に寄贈

福島民報6月1日付

福島県支部はスペースシャトルディスカバリーで宇宙飛行士山崎直子さんと一緒に宇宙を旅したアサガオの種を東日本大震災で被災した南相馬市の幼稚園に贈った。種は神奈川県の浅見一義さん(74期)から福島県支部長に届けられ、幼稚園は南相馬市議で太田淳一(91期)と服部隆男副支部長が訪問し一緒に種まきをした。

太田君は熊本県とも交流があり、熊本大地震が発生するや車に支援物資を積んで届けに行った。その際アサガオの話をしたところ、是非とも熊本の復興支援で種を分けて欲しいとの話になり、太田君の熊本訪問のお陰で南阿蘇村と南相馬市の小学生の交流が始まり、被災地の復興支援に拓大学友会がいささかなりとも貢献したと思われる。

支部長 郷 修二(69期)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。