ラトルスネイクス、新人中心で東工大には惜敗

 

アメフト東工大戦①アメフト東工大戦②アメフト東工大戦③アメフト東工大戦④アメフト東工大戦⑤アメフト東工大戦⑥

当初の御案内にありませんでしたが、拓殖大学アメリカンフットボール部ラトルスネイクス(以下、拓大)春のオープン戦第2戦は、5月17日(日)13時30分キックオフ。東京工業大学と対戦しました。

東京工業大学(以下、東工大)は、一昨年、昨年と秋季リーグ戦で戦った国立強豪校で、昨年1部2部との入替戦で2部降格となりました。

この試合、拓大は先制するも前半10対14で終了、後半は逆転に次ぐ逆転の好ゲームとなりましたが、最終スコア24対29で逆転負けを喫しました。

新人を多く起用し、大勢の選手に試合経験を積ませたのが、秋に向けて大きな収穫になったと思います。

いよいよ、5月30日(土)は、日本最古の歴史を誇る明治大学との対戦となります。 初代監督で後の日本アメリカンフットボール連盟理事長を経験された金沢好夫氏の母校でもあります。 50年の時を経て、金沢氏の前で成長した拓大アメリカンフットボール部の姿を見せてほしいと期待しています。

この試合は吹奏楽とチアリーダーの応援参加もあります。 是非、スタンドに御越し頂き、一緒に選手に声援を送って、校歌・応援歌を歌ってみませんか?

5月30日(土)12時45分キックオフ(※試合時間が早まりました)
対明治大学
場所:アミノバイタルフィールド(京王線飛田給駅下車徒歩10分)

深川隆成(84期)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。