東京中央支部総会を開催

 

平成26年度中央支部総会

拓殖大学学友会東京中央支部は、平成26年5月15日(木)拓殖大学A館3階第2会議室において開催された。毎年初夏のさわやかな風が薫る季節の中、支部としての意見をまとめて支部長に託すために、代議員総会が開催される直前に東京中央支部総会が行われる。

平日の夕方ということもあり、現役の学生諸君の姿をキャンパスのあちらこちらに見るが、我々の現役の時代を思うと何かさみしい限りである。懐かしい青春の日々を過ごした拓大、オスの声、学生服姿を見るのを楽しみにしている学友も多くいる。

はじめに司会の長谷(72期)から開会が宣言された。まず会計報告については、会計担当の飯嶋(77期)から報告があり承認された。次に支部長の越川和雄先輩(69期)から、来年任期を迎える総長・理事長問題について説明があった。その後自由討論となり、活発な意見が交わされた。最後に母校と学友会東京中央支部の発展を祈念し、閉会が宣言され、本年度の支部総会を終了した。

後藤啓二(83期)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。