拓大ミュージカルを観劇して

 

大館札幌支部長の挨拶

大館札幌支部長の挨拶

学生達の自己紹介

学生達の自己紹介

2月15日、深川市民文化交流ホール「み・らい」において第30回拓大ミュージカル「ホタルの奇跡」というファンタジー作品が公演されました。

今回の拓大ミュージカルは第30回という大きな節目を迎える記念すべき公演。会場の文化交流ホールには開演の2時間以上も前から地元の深川市民が長い列を作っていました。学友会札幌支部の大館一生支部長以下札幌支部18人、深川支部の大平隆敏支部長、そのほか拓大ミュージカルに深い関心ある札幌、旭川、滝川などからも一般市民多数が来場。1000人収容の大ホールは立ち見も出る盛況ぶりでした。

第30回記念公演の閉演後、プラザホテル板倉に会場を移し、学友会主催の恒例の学部学生と北短の交流懇親会が開かれました。最初に主催者挨拶を赤澤会長の代理にて北海道連合会代表の大館一生札幌支部長の挨拶にてスタ-ト致しました。

懇親会には篠塚徹北短学長はじめ拓大ミュージカル成功に尽力された多くの関係者、現役学生も参加。大館一生札幌支部長とともに懇親会に参加した札幌支部一同は、ミュージカルを観て感動し、ミュージカル関係者と懇親の機会をもてたことに感激しました。拓大ミュージカルが31回以降も地域文化発展に寄与することを心から期待しています。

なお、拓大本校から観劇を予定していた福田勝幸理事長と10人の学部学生は、あいにくの大雪で羽田空港からの飛行機が欠航となって残念ながら参加できませんでした。

今年も素晴らしいミュージカルで感動と元気をもらいました。ありがとうございました。

札幌支部広報室長 尾矢弘毅(学72)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。