中本健太郎 2013モスクワ大会報告会

   2014/03/14

中本健太郎 2013モスクワ大会報告会①

11月9日、北九州市八幡西区のホテルクラウンパレスにて中本健太郎君(103期、安川電機)の世界陸上モスクワ大会の報告会を開催いたしました。報告会には九州各県及び遠方から諸先輩、諸拓兄に駆けつけて頂きました。また、今回は中本君の練習への取り組み、試合に対する心構えなどの講演もあり福岡県内の高校陸上部へも招待状を郵送した中、北九州市立高校女子駅伝部、小倉工業高校陸上部、柳川高校陸上部の先生と生徒さんと総勢50人近く参加して頂きました。

講演では中本君の経歴や練習方法など高校生には参考になる話や世界陸上(大邱・モスクワ)やロンドンオリンピックまでのステップアップや、アスリート魂や裏話などがありました。中でもモスクワ大会選考会、出場が決まって本大会までのレース展開イメージトレーニングから本大会レースでの駆け引きなど、本人にしか分からない事まで話して頂きました。そのトレーニングの成果もあり本大会ではイメージ通りのレース展開が出来、本人過去最高のレースでメダル目前まで迫ったのに5位と非常に悔しかったなどの講演が行われました。今回講演に来られた参加校は都大路(全国高等学校駅伝大会)の予選で惜しくも福岡県代表の座を射止めることは出来ませんでしたが、講演終了後向上心溢れる高校生から積極的に質問が飛び交い中本君も汗をかきかき答えておりました。

その後懇親会会場へと移動し校歌斉唱。発起人である北九州支部長村上先輩(73期)から来賓及び諸先輩、諸拓兄へお礼の挨拶の後、福岡県副支部長の空閑先輩(75期)から祝辞や高校生へ優しく厳しく勝負の気構えなどのご挨拶を頂き北九州支部塩塚先輩(61期)の乾杯の音頭にて懇親会へと進みました。

懇親会半ばでは高校生の時間もあり、空閑先輩の音頭にて学友全員で興亜の雄図、押忍三唱を披露し、ご招待致しました方々のご多幸と今後の試合での勝利を祈念し帰路に就かれました。その後は諸先輩、諸拓兄により中本君を囲んで談笑したり、今後の目標(東京オリンピック出場)と先輩方から厳しい注文(期待の表れ)を受けたり話が尽きない状況でありましたが、時間の都合もあり中締めとなりました。その後は言わずと知れたネオン街へと消えさらに盛り上がり終宴となりました。

加来秀幸(83期)

中本健太郎 2013モスクワ大会報告会②中本健太郎 2013モスクワ大会報告会③

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。