神奈川県湘南支部総会

   2014/03/23

平成25年度神奈川県湘南支部総会

平成25年度神奈川県湘南支部総会を、6月15日(土)18時から横須賀市内のセントラルホテルにおいて会員20人の参加にて開催致しました。

司会進行は、沼田誠二 (81期) 連絡幹事が担当し、校歌斉唱、黙祷、草野文男(69期)支部長挨拶の後、議案審議議事に入りました。議長を草野支部長が担当し、24年度会計報告、事業報告を坂木要 (69期) 会計幹事、25年度事業計画案、会則改訂を草野支部長から提案があり、青木紀雄(61期)、榎本正美(69期) 両会計監査による会計監査報告が承認され、他審議事項も満場一致で全ての議事が決議されました。

記念撮影終了後、懇親会に入り、WBC世界フライ級チャンピオン八重樫東拓兄(103期)を中心にして総勢30人にて開会しました。戸倉紀夫(65期)顧問の開会挨拶、隈元徹(58期)相談役に乾杯のご発声をして頂き、歓談後に来賓の神静連合会代表古谷栄寿様、静岡県支部長鈴木正仁様、八王子支部長富田公男様、学友会常任幹事中塚靖子様からご挨拶を頂きました。暫く歓談、お互いに美酒に酔い大いに語り合い、宴は盛り上がりました。

その後特別ゲストであるボクシング部中洞三雄監督から八重樫東拓兄の入学秘話などお聞きし、八重樫拓兄より、「我、弱き者ゆえに」というテーマにて拓大ボクシング部時代から、プロボクサーになりチャンピオンになるまでの過程について「逃げない、投げない、あきらめない」との持論の展開があり、負けたって、心を鍛えれば、強くなれるとも話しがあり、一同感心して拝聴しました。また世界タイトル戦での拓大諸先輩の応援に感謝しています等の話も披露されました。

暫く歓談後、参加者全員が一人ずつ八重樫東拓兄とのツーショット写真を撮り、またご子息も連れて来られ、最後まで参加者全員が楽しく歓談できました。

中締めを西田金忠(61期)顧問が八重樫拓兄を激励され、飯島政幸副支部長の万歳三唱の音頭で更に激励し、盛況のうちに終了致しました。

来賓や会員の一部の奥様、山下典子(108期)女子バスケットボール部OGも参加して頂き、会に華を添えて頂き、感謝しております。

事務局長 丸田眞市(71期)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。