群馬県支部総会

   2019/10/30

平成23年度群馬県支部総会

8月27日(土)エテルナ高崎にて、群馬県支部総会を開催いたしました。

大学より福田勝幸理事長、学友会関東連合会から会長の大塚俊夫栃木県支部長(68期)のほか、佐藤信男埼玉県西部支部長(56期)、長嶋光太郎千葉県支部長(63期)、岡田一美千葉県東葛支部長(74期)、柿木左近埼玉県北部支部長(67期)のご出席をいただきました。

第1部の総会は、狩野議一幹事長(67期)の司会により、北爪克尚副支部長(60期)の開会宣言に始まり、校歌斉唱、物故者への黙祷、山﨑松惠群馬県支部長(59期)挨拶、平成22年度事業ならびに収支決算承認の件等全ての議事案件の承認と進み、福田勝幸理事長及び大塚俊夫学友会関東連合会会長からご祝辞をいただいた後、松澤巻雄副支部長(54期)により、総会は滞りなく終了した旨の閉会宣言がありました。

第2部の講演会は、本支部総会では2度目となる青森県中央学院大学大学院 大泉光一教授による「危機管理におけるリーダーシップ」をテーマに貴重な資料とともに熱血漢あふれる講演に対し、緊張感をもったあっという間の講演でした。

講演会終了後、第3部の親睦会は、矢畑正明幹事(70期)の司会進行により、出席者中最高齢の尾崎嘉英先輩(43期)の乾杯の発声により杯を挙げ、開宴となりました。

宴の進行とともに杯を重ね、中盤には、尾崎先輩、山﨑支部長による蒙古放浪歌の熱唱もあり、多くの方々も口ずさんでいました。また、昨年に引続き石田光雄静岡県東部支部長(72期)のご出席をいただくなど大変盛り上がった親睦会となり、終盤には中山昭人拓兄(81期)をリーダーに全員で興亜の雄図、カチマス踊り、押忍三唱で締めることができました。

最後に岩井吉伸幹事(80期)より、来年の再開を誓う閉会の挨拶を行い、散会となりました。

植原隆(78期)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。