埼玉県西部支部と千葉県支部との親睦交流会

   2014/04/29

埼玉県西部支部(支部長佐藤信男(56期))は、10月30日(土)31日(日)の両日千葉県白子町の白子ニューシーサイドホテルに1泊し、そこで千葉県支部との親睦交流会を行った。

当支部からは30人(うち婦人6人)が参加した。当日は台風14号に遭遇してしまったが、大した事もなく無事到着した。

当支部員は同ホテルに到着後、まず全員が白子町体育館において、初めての「グラウンドゴルフ」を行った。婦人方が予想外の成績を出し笑顔のうちにプレーを終了した。なお二瓶俊博OB(67期)のホールインワンもあり楽しい一時を過した。

さて本交流会には、千葉県支部から元本学教授小林信雄OB(56期)、長嶋光太郎同県支部長(63期)、藤田雅夫(64期)初芝嘉輝(64期)両副支部長、鈴木道夫幹事長(70期)、塙勝則(88期)織茂哲也(90期)両副幹事長の7人の御参加を戴き、会は盛大且つ活発に開催された。

校歌斉唱に始まり、物故者への黙祷、そして佐藤支部長からの御礼の挨拶、および小林元教授の経験した多くのエピソードを交えた挨拶の後、双方全員の自己紹介他、司会は丸山相談役(58期)他が行い、会は斉整とスムーズに進行した。

続いて懇親会に入り、佐々木信也相談役(56期)の挨拶の後、溝口忠夫OB(56期)の乾杯の音頭で懇親会が始まった。懇親会は蒙古放浪歌、興亜の雄図他昔懐かしい歌、カラオケの歌等多種多様な歌が出ると共に、学生時代の思い出話当で瞬く間に時は過ぎた。宴たけなわの中、中締めは鈴木幹事長が、そして最後の大締めは松井宏之OB(56期)がそれぞれ音頭を取り、会は盛大裏に終了した。

さて本親睦交流会は、千葉県支部の参加者皆々様の礼儀深いお気遣いにより終始明るく和やかに繰り広げる事が出来、私ども当支部の参加者全員深く感激し、感謝いたしているところです。翌日は、千葉県内の数箇所の見学及び貸し切りバス中での来る箱根駅伝への応援の話などしながら、大井博文幹事長(62期)の計画どおりに無事帰着した。

最後に、当支部の今回の旅行も、旅先での本学学友会諸兄の温かいご支援と歓迎に浴し、改めて学友相互間の結束の強さを認識し、その有り難き事に感銘した次第。学友は生涯の尊い「財産」「宝」です。本学拓大は永遠です。

三井利男(59期)記

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。