平和祈念展示資料館企画展「10のキーワードで読み解くシベリア抑留」

 

チラシ

この企画展は新宿西口・都庁前の新宿住友ビル33階平和祈念展示資料館で(月曜日休館)酷寒の地シベリアに抑留された日本軍人が強制労働に従事し、飢えと栄養失調の中で祖国へ帰ることだけを支えに生きた過酷な体験記。

日時 平成31年2月5日(火)~4月21日(日)
   9:30~17:30(入館は17:00まで)
   休館日:毎週月曜日
   (月曜日が祝日の場合は火曜日)
会場 平和祈念展示資料館 企画展示コーナー
●前期:2月5日(火)~3月17日(日)
●後期:3月19日(火)~4月21日(日)

企画展「10のキーワードで読み解くシベリア抑留」 – 館内イベント – 平和祈念展示資料館

九段下では「南洋の島々を描く」

2月7日(木)~13日(水)は地下鉄九段下駅6番出口・九段生涯学習館でニューギニア西方アラフラ海に浮かぶタンニバル諸島(野村克己・絵)と、ニューギニア東部ハンサ基地(満川元行軍医・絵)のまなざしに注目。(M)

九段生涯学習館 ≫ 「南洋の島々を描く~二人の軍人とそのまなざし~」開催

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。