拓殖大学紅陵祭 学生交流訪問を終えて(飯森未来)

   2018/04/05

保育学科 身体表現コース 2年 飯森 未来

今回私は、保育学科の2年生代表として、10月20・21・22日の3日間、拓殖大学紅陵祭・学生交流会に参加させていただきました。

紅陵祭では、研究会・愛好会などが各教室を使って企画を行っていて、私が見学した教室では、実際に訪れた国の写真やお菓子、食器などが展示されていました。出口にはマーライオンをイメージした展示がされていてとても素敵でした。

野外では、模擬店を行っていました。学生の方々がとてもいきいきとしていて、素適な笑顔で接してくださいました。北短とは違い、様々な種類の模擬店があるので、その場にいるだけでもとても楽しかったです。北短でも、教室を使って企画をし、サークルでも模擬店を出したら楽しくなるのではないかと思いました。

学友会との懇談夕食会では、学生の方々と情報を共有しながら、素敵な雰囲気の中美味しい料理をご馳走になりました。その中でも、文京キャンパスに女子学生を増やすための活動(T-girl)に興味を持ち、お話を聞くことができました。また、拓大伝統の勝ちます踊りを初めて行いました。とても良い経験になりました。

今回参加したことで、多くの学びや発見がありました。この経験を活かし残りの学校生活を過ごして生きたいと思います。最後になりますが、拓殖大学学友会の皆様や職員の皆様には、文京キャンパスに招待していただきとても感謝しています。ありがとうございました。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。