拓殖大学紅陵祭 学生交流会(副田あかり)

   2018/04/05

農学ビジネス学科 地域振興ビジネスコース 2年 副田 あかり

はじめに

私は、10月の20日から22日東京の拓殖大学文京キャンパスの紅陵祭を見学、学生交流会をしに行きました。

紅陵祭と学生交流会

10月21日に拓殖大学文京キャンパスの紅陵祭を見学しに行きました。午前中は、学生課や学友会の方々に挨拶周りを行い、学祭実行委員の方からお話を聞き資料等を配られお昼まで自由行動でした。

私は、午前中の自由時間は展示を中心に周りました。私たちの学祭の規模とは比べものにならないくらい規模が大きく少し迷うくらい広かったです。

一番印象に残ったのは、インドネシアの写真の展示が行われている教室でした。なんとなく写真を観察していたら留学生のインドネシアの子が教室に入室し写真を眺めていると隣にいた私にインドネシアの魅力を流暢な日本語で話してくれました。インドネシアの子と会話する機会が今までなかったのでとても新鮮で、興味深かったです。

お昼からは、ベリーグットマンという3人組みの男性グループのコンサートを楽しみました。

コンサートが終わった後夕方まで自由時間だったので、模擬店を周りました。模擬店の数が多く値段もお手ごろだったのですごく迷いました。

夕方から学友会の方々と拓殖大学の学生8人とホテルで夕食を食べながら交流を行いました。私は、来年拓殖大学に編入するので先輩に詳しい話を聞いたり、とても有意義な時間になりました。

終わりに

今回拓殖大学文京キャンパスの紅陵祭に行くことで来年編入した後がとても不安でしたが、いまから何をすべきか、商学部はどんな感じなのかなど、ただその時間を楽しむだけではなく編入後の情報を収集でき良い3日間になったと思いました。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。