あとがき 紅陵祭学生交流訪問(近藤 義明)

 

今年も拓殖大学学友会のご厚意により北短学生9名が、拓殖大学紅陵祭見学にて学友会の方々、学部学生と交流いたしました。

学生達は、学友会主催の学生交流会をはじめ、紅陵祭の教室などで展開されていた展示など学部学生の多種多彩な活躍を目の当たりにして、大学生活の中で、授業以外でも自分磨きをするために、サークル活動や留学、様々な交流機会に参加し、いろいろな体験をすることが、いかに貴重なことであるかを実感できたのではないかと感じております。

また、私自身が2回目の学生引率であり、1回目の訪問記録のあとがきには『一期一会』と記載しておりました。今回の学生達にとってもまさに『一期一会』。今回の貴重な体験を糧に今後の大学生活で自ら行動を起こし、自分を輝かしてもらいたいと切に願っております。

最後に、山田学友会事務長をはじめとする学友会の方々、松原主事をはじめ学生総合支援室の方々には、北短学生の紅陵祭訪問に際し、様々なご配慮をいただきこの場をおかりしてお礼申し上げます。

拓殖大学北海道短期大学 学務学生課 近藤 義明