あとがき 平成26年度 北海道短期大学 紅陵祭学生交流訪問

   2019/05/10

今年度も拓殖大学学友会のご厚意により、10月17日~19日の3日間、八王子国際キャンパスにて開催された紅陵祭に本学代表学生9名と参加させて頂くことが出来ましたこと、深く感謝申し上げます。また、学友会の皆様方、学生主事室の皆様方をはじめ、多くの方々に訪問前準備から滞在期間中において、お忙しい中にもかかわらず大変お世話になり重ねてお礼申し上げます。訪問した北短学生にとりましても、紅陵祭という大きな行事に参加し、多くの皆様と交流を持つ事ができたことにより、大きな目標に向かって行く事への大切さを感じると共に、拓殖大学の懐の大きさ、優しさを一人一人が肌身で実感した様子です。

北海道に戻ってきてからも、「本当に良かった」「楽しかった」と、それぞれの感動や思いを周りの学友、家族、教職員に話しております。

紅陵祭期間中は、学生達と共に国際色豊かなキャンパスの様子や食べ物、さらには世界へと拓かれた多様な研究展示等も細やかに見学させて頂きました。拓殖大学がもつ国際大学としての魅力やスケールの大きさは、学生達の心を大いに魅了した様です。この経験は、私自身も含めまして学生達9名の心に一生刻まれる素晴らしい心の財産となり、これからの人生の糧となることと思います。

今回の訪問学生は、2月に上演するミュージカルの企画運営そして来年度の北短大学祭、自治会活動、3年次編入等に大きく関わる学生です。それぞれが今回の貴重な経験を今後の活動の原動力とし大いに活躍することと思います。

今後も、東京・北海道の学生交流が末永く続くことを願うと共に、学友会の益々のご発展・ご活躍を心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございました。

拓殖大学北海道短期大学 総務課 直井 弘典

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。