関東連合会第一回会議

   2014/07/02

関東連合会第一回会議

関東連合会第一回会議開催

関東連合会会議が、11月10日(土)豊島区池袋「ホテルメトロポリタン」2F花むさしにおいて開催された。
本年6月10日(日)に千葉県支部より会長を西部支部にバトンタッチされ新会長には、埼玉県西部支部の支部長(佐藤信男)56期が就任し、その第一回の会議が行われた。会議の冒頭佐藤連合会長より、本日は、遠方より出席を頂き各支部長に対し謝辞を述べられ、本年は、連合会の活動につきまして連合会の正副会長が直に懇談し、より良い計画を打ち上げ今後の活動に十分取り入れたいと思っております。そして、新しい風を注入して、当連合会が更に結束することにより学友会並びに母校の発展に寄付するものであると、力強く挨拶された。
会議に入り、まず

①本部学友会会費について

・学友会会費納入が年々減少気味打開策検討する
・各県支部活動の活性化
・各県支部の活動資金不足

現状では、満足な活動ができず、出来れば今の学友会納入会費の支部還付金を増やして欲しいと切実に各県支部長より要望された。

②学友会名簿について
ここ2、3年新卒業生の名簿が入手されず、総会の案内状が出せないのでますます支部組織が衰退する。

③関東連合会のイベントについて
来年11月頃埼玉県の中心地のさいたま市で連合会として初めて講演会を開催予定している。

④その他

・学校行事の支援体制の強化
・クラブ、運動部の合宿や大会などの日程及びオープンカレッジ開催の情報を、関係する支部に流してほしい。
・学校、学友会、各県支部との綿密な連携強化を要望される。

⑤連合会各支部の今後事業計画

・講演会、忘年会、新年会、親睦会等あり。

総会は、(6月・7月に集中)今回は、短時間でありましたが、建設的で前向きな意見交換がなされ関東連合会の結束を強める上で実りの有る有意義な会議であったと考える。

出席者:佐藤信男(56期)連合会

    会長・茨城県畑岡隆(57期)支部長
    栃木県大塚俊夫(68期)支部長
    埼玉県東部高谷精二(57期)支部長
    千葉県長嶋光太郎(63期)支部長
    千葉県東葛五月女久(61期)支部長
    埼玉県西部丸山俊夫(58期)幹事長
    埼玉県西部大井博文(62期)副幹事長

(連合会事務局)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。