拓殖大学紅陵祭に参加して(岩間良芽)

   2018/04/05

農学ビジネス学科 環境農学コース 1年 岩間 良芽

私は拓殖大学北海道短期大学の学生として10月20日から22日までの3日間、拓殖大学文京キャンパスで行われた「紅陵祭」に招待していただきました。

キャンパス内はとても整備されていて、建物が大きかったですし、移動手段のエレベーター、エスカレーターがとても快適でした。学生ホールや学生食堂などの施設が充実していて、学科別棟、講堂などの施設が大小たくさんあり、学ぶ環境が整っていると感じました。

紅陵祭では、「オレンジの祭典へようこそ」のキャッチフレーズのように拓殖大学のカラーのオレンジ色が印象的でした。学生をはじめ、先生・職員そして学友会の皆様が大学祭を盛り上げよういう熱気を感じました。参加団体の特色が活かされ、個性的な模擬店、教室展示、イベントが数多く行われて活気が溢れていました。

野外模擬店・国際屋台村では、たくさんの種類の模擬店があり、様々な国の食べ物なども味わえました。学生たちの課外活動に対する熱い情熱を感じ、感動しました。

学友会の方々との交流会ではとても勉強になり、取り組み、考え方、学生生活などのいくつかの刺激をもらいました。私は拓殖大学への編入を希望しており、今回の紅陵祭学生交流訪問で、活気ある紅陵祭、学友会の方々・学部学生の方々と交流できたことで、より一層進学したいと思いました。

この交流会を通して、普段経験することがない貴重な時間をすごすことができ、本当に良い経験になりました。拓殖大学紅陵祭訪問に参加させていただき本当にありがとうございました。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。