月刊Hanada5月爽快号

 

表紙

花田紀凱 責任編集(飛鳥新社、840円)

フロントページに“左折禁止!”山際澄夫氏が「森友学園騒動は朝日の倒閣運動」は見逃せない。次に独占手記「言論の破壊者」と批難された私―長谷川幸洋(東京新聞論説委員)が司会するテレビ番組「ニュース女子」の炎上騒ぎ(1月2日放送沖縄特集)について。さらに告発レポート韓国籍の「在日朝鮮人」辛淑玉の正体(西岡力)も追いかけて読む必要がある。

中国が北海道の土地を「爆買い」している(産経新聞編集委員・宮本雅史)も「金正男暗殺のイデオロギー」(佐藤優)もだが、三笠宮親王が試みた「東條暗殺計画」と皇室近代化(加藤康男)は、柔道の第一人者で昭和天皇のご信任が厚かった牛島辰熊師範(元拓大教授)の関わり合いが深いだけに最大の資料と言えるかも。(M)

Amazonで買う

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。