台湾協会シンポジウム「引揚70周年記念の集い」のお知らせ

 

『満州、樺太、朝鮮、台湾、いま振り返る引揚げの検証』をテーマに、引揚げ70周年を迎えた節目の年のシンポジウムを国際善隣協会主催、台湾協会共催で下記の通り開催します。今まさに「記憶から歴史へ」と置き換わろうとしている中で、これからの次の世代に何を語り継ぐべきかを考えるイベントにしたいと思います。奮ってご参加下さい。

日時:平成28年10月20日(木) 午後1時30分~5時30分

場所:銀座ブロッサム中央会館
東京メトロ(有楽町線)新富町駅1番出口より1分
東京メトロ(日比谷線)、都営地下鉄(浅草線)東銀座駅5番出口より6分

プログラム:
・基調講演:加藤聖文(国文学研究資料館准教授)
・アトラクション:藤沼哲朗(アマチュアテノール歌手)
・シンポジウム
【コーディネーター】藤原作弥(元日本銀行副総裁)
【パネリスト】松重充浩(日本大学文理学部教授) 渡邊三男(全国樺太連盟会員) 井上卓弥(『満州難民』著者) 河原 功(台湾協会理事)
【総合司会】須磨佳津江(元NHKアナウンサー)

参加費:無料

申込先:出席希望者は、はがき・FAXまたはインターネットで国際善隣協会事務局宛お申込み下さい。先着900名になり次第締め切らせて頂きます。
一般社団法人 国際善隣協会・事務局
TEL 03-3573-3051 FAX 03-3573-1783
インターネット info@kokusaizenrin.com

引揚70周年記念の集い 開催のご案内 | 一般財団法人 台湾協会

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。