HOME > 学友会活動 > 国内支部 > マジャパヒト号歓迎会(沖縄)

マジャパヒト号歓迎会(沖縄)

マジャパヒト号歓迎会(沖縄)①

日時

2016(平成28)年6月14日(火)18時~(ラマダンのため食事は19時20分から)

会場

那覇市・海鮮居酒屋「能登の海」

人数

19人

来賓

インドネシアクルー8人、インドネシア政府副大臣、日本人海洋冒険家 山本良行、高城芳秋(学71)

出席者

牛尾弘行(学68、沖縄県支部長) 川畑 勝(学68) 福世好子(学69) 上運天先和(学71) 饒平名知優(学71) 三浦正雄(学72) 登川俊光(学73) 平良正諭輝(学74)

インドネシア民間団体「マジャパヒト・アドミレーション・コミュニティ」の高城芳秋氏(71期)とインドネシア政府が協力し日本とインドネシアの友好の証としてマジャパヒト王国の船を復元、東京まで航行する途中那覇港に寄港した。学友会沖縄県支部では、歓迎会を開催しました。

牛尾支部長より歓迎の挨拶、高城氏とインドネシア政府の副大臣よりご挨拶があり、歓迎会が始まりました。クルーの中にはイスラムのラマダンの為日没まで食事が出来ない方や、宗教的に食べてはいけない物・アルコールを飲んではいけない等多くの問題があり歓迎会を主催する我々も初めてのことばかりでした。

和やかな雰囲気の中皆さん大変満足してくれたようでした。

台湾の高雄港から沖縄の那覇港に来るまで(6月12日夜入港)船が転覆するかもわからないほどの悪天候だったそうで、クルーの休養をして6月16日鹿児島に向けて出港予定です。

学友会沖縄県支部として出港時には大量のミネラルウォーターを差入、航海の無事を祈りたいと思います。

牛尾弘行

マジャパヒト号歓迎会(沖縄)②マジャパヒト号歓迎会(沖縄)③

Copyright (C) 2008 Takushoku Univ. Alumni Association All Rights Received