HOME >  > 青年日本の歌

一、汨羅(べきら)の淵に波騒ぎ 巫山(ふざん)の雲は乱れ飛ぶ
  溷濁(こんだく)の世に我()てば 義憤に燃えて血潮湧く

二、権門上に(おご)れども 国を憂うる誠なし
  財閥富を誇れども 社稷(しゃしょく)(ねが)う心なし

三、あゝ人栄えて国亡ぶ (めし)ひたる(たみ)世に(おど)
  治乱興亡夢に似て 世は一局の碁なりけり

四、昭和維新の春の空 正義に結ぶ益良雄(ますらお)
  胸裡(きょうり)百万兵足りて 散るや万朶(ばんだ)の桜花

五、古びしむくろ乗越えて 雲飄揺(ひょうよう)の身は一つ
  国を憂いて起つ時に 大丈夫(ますらお)の歌なからめや

六、天の怒りか地の声か そも只ならぬ響あり
  (たみ)永劫(えいごう)の眠より 醒めよ日本の朝ぼらけ

七、見よ九天の雲は垂れ 四海の水は雄叫びて
  革新の機到りぬと 吹くや日本の夕嵐

八、ああうらぶれし天地の 迷ひの道を人は行く
  栄華(えいが)を誇る(ちり)の世に ()高楼(こうろう)の眺めぞや

九、巧名なにか夢のあと 消えざるものはただ誠
  人生意気に感じては 成否を(たれ)(あげつら)

十、止めよ離騒の一悲曲 悲歌慷慨(こうがい)の日は去りぬ
  我等が(つるぎ)今こそは 廊清の血に躍るかな

Copyright (C) 2008 Takushoku Univ. Alumni Association All Rights Received