HOME >  > 狼の歌

一、男一匹やるだけやれば
  なんのこの世に未練がありょか
  吹けよ竜巻アルタイ越えて
  俺もゆきたや命の限り

二、胸に秘めたる男の夢は
  女なんかにゃ分かりょうも
  あごでしゃくりょか小指でやりょか
  蒙古百万 篝火(かがりび)(あか)

三、俺が死んだら裸のままで
  ゴビの砂漠にうっちゃっておくれ
  どうせ俺らにゃ狼の血が
  親の代から流れているぜ

Copyright (C) 2008 Takushoku Univ. Alumni Association All Rights Received