HOME >  > 無題

一、麗澤の水に散る紅葉(もみじ)
  行く先何処(いずこ)か風に問え
  チベット蒙古かインダスか
  断頭台の果露(はたつゆ)

二、氷雨(ひさめ)(かな)ずる民族の
  悲願の調べ(たれ)と聞く
  五丈原頭只一人
  亡き先人の跡()わん

三、(ひそ)める龍は殉国の
  赤き血汐を胸に秘め
  紅葉が丘を去り行けど
  永久(とわ)に忘るな臥龍窟(がりゅうくつ)

Copyright (C) 2008 Takushoku Univ. Alumni Association All Rights Received