HOME >  > 蒙古放浪歌

一、心(たけ)くも鬼神(おにがみ)ならぬ 人と生まれて(なさけ)はあれど
  母をみ捨てゝ波こえてゆく 友よ兄等(けいら)何時(いつ)(また)()はん

二、波の彼方の蒙古の砂漠 男多恨(たこん)の身の捨てどころ
  胸に秘めたる大願(たいがん)あれど 生きて帰らむ(のぞみ)はもたぬ

三、砂丘を(いで)て砂丘に沈む 月の幾夜か我等が旅路
  明日も河辺が見えずは何処(どこ)に 水を求めん蒙古の砂漠

四、朝日夕日を馬上に受けて 続く砂漠の一筋道を
  大和(やまと)男児(おのこ)の血潮を秘めて 行くや若人千里の旅路

五、負はす駱駝(らくだ)(かて)薄けれど 星の示せる(むこ)だに行けば
  砂の逆巻く嵐も何ぞ やがては(こへ)なん蒙古の砂漠

Copyright (C) 2008 Takushoku Univ. Alumni Association All Rights Received