HOME >  > 校歌

作詞 宮原民平
作曲 永井建子

一、右手(めて)文化(ぶんか)()をかゝげ
  扶桑(

ふそう)の(きし)(こえ)あげて
  (やみ)()えよと()ぶは()
  (ひと)()めよと()ぶは()
  嗚呼(ああ)(かがや)ける雄渾(ゆうこん)
  姿(すがた)(われ)精神(こころ)なる

二、(くも)(ほのお)(いろ)()
  南国(なんごく)(みず)はたぎるとも
  春光(しゅんこう)永久(とわ)にへだてたる
  北地(ほくち)(こおり)とざすとも
  (あお)いで(ほし)()るところ
  (ひら)かでやまじ()行手(ゆくて)

三、人種(じんしゅ)(いろ)()(さかい)
  ()()(まえ)差別(さべつ)なし
  膏雨(こうう)ひとしく湿(うるお)さば
  磽?(こうかく)やがて花咲(はなさ)かむ
  使命(しめい)(たか)青年(せいねん)
  (ちから)あふるゝ(うみ)(そと)

Copyright (C) 2008 Takushoku Univ. Alumni Association All Rights Received