HOME >  > 空手部愛唱歌

一、花が一夜に散る如く 俺も散りたや旗風に
   どうせ一度は捨てる身を 名こそ惜めや男子なら

ニ、裸一貫国の為 荒海起えて来たものを
   雨の波止場で誰が引く 胡弓の音が身に泌みる

三、胸にピストル向けらりょと 退いてはならぬ一足も
   男とる道只一つ 仰げ東の茜空

四、男涙は見せないが 意気と意気とが触れて泣く
   挙げる盃交す目に 熱き男子の血が通ふ

Copyright (C) 2008 Takushoku Univ. Alumni Association All Rights Received