HOME >  > 一献歌(男の酒)

作詩 加藤 三之輔

一、男の酒の嬉しさは
  忽ち通う意気と熱
  人生山河険しくも
  君杯を挙げ給え
  いざ我が友よまず一献

二、美人の酌に酔えばとて
  今宵は今宵なにかある
  男は明日に生きるもの
  君杯を挙げ給え
  いざ我が友よまず一献

三、秋月影に酌むもよし
  春散る花に酔うもよし
  哀れを知るは英雄ぞ
  君杯を挙げ給え
  いざ我が友よまず一献

Copyright (C) 2008 Takushoku Univ. Alumni Association All Rights Received