「拓大紅陵祭に参加して得たこと」(古賀結稀)

 

交流会

農学ビジネス学科 2年 古賀 結稀

今回、北短の代表として紅陵祭に参加させていただいて一番感じたのは北短と違う大規模である大学祭だということです。1日しか見学してないけれど、学生の人数が多いということもあり、模擬店の数やステージ企画の工夫の仕方、またスペシャルゲストとしてお笑い芸人や歌手を呼んだりして盛り上がりや各企画も迫力満載でとても賑やかな大学祭でした。教室内では各研究会のポスター発表やスライドショーなどがあったり、アカペラ部の披露があったり、駅伝の壮行会、ホールでは吹奏楽部の演奏、子どもたちが遊べるようなコーナーもあって紅陵祭を楽しむだけでなく個人や部活による報告もできるという面においても充実していると思ったし、学生だけでなく地域の方も一緒に楽しめる良い大学祭だと思いました。企画がとても多いので一日中楽しめて、学部が違ってもこのような場でたくさん交流ができるのでいいなと思いました。中でも私が一番いいなと思ったのは、のど自慢大会です。先生方も企画提案してやっているという面においては北短にはないものだし、観客も多くてとても盛り上がっていて観客側として見学させてもらったけど楽しかったです。

北短では、誰かをゲストとして呼んだりすることはないし規模は小さいけれど、ステージ企画は学生なりの若さを出して盛り上がっていたり、最終日には花火があったりと紅陵祭とはまた違った企画があって良いところもたくさんあります。昨年、今回のように紅陵祭に訪問した学生が今年の北短の大学祭の主体となって黎明祭の企画や会場の装飾を取り入れていてとても楽しむことができました。こういった交流がいい機会となり、どんどん発展していくと感じたのでこれからも続けていってほしいと思います。

学友会の方々に食事会を設けていただいた際には、学部生からの貴重な話を聞くことができ、北短の学校生活やミュージカルや深川市の様子についても交流することができました。ミュージカルに関しては個人的に見たことないのであまりわからなかったのですが、ミュージカル実行委員長の話を聞いたことで、学部生と一緒に新たな北短を知ることができました。隣に座っていた学部生が、アジアの国々について調べているということで世界的な話も聞くことができたし、アオザイというベトナムの民族衣装を着ていましたがとても綺麗で、民族衣装をはじめて見たので感動しました。

私は来年度国際学部への編入を希望していますが、学部生から編入のアドバイスや大学の授業や大学生活のことなどさまざまな話を聞いたことで編入後の生活に生かしていく強みになりました。また、私が国際学部のフィリピン研修に参加させていただいた際の話を聞きたいと、話しかけてくれた学部生の方とはフィリピンの話しの他にも共通の友人の話などでの交流や国際学部の授業内容やゼミ活動においても話を聞くことができました。学友会として参加していた方には北短から編入した先輩でもあり同じゼミの先輩がいました。その先輩とはとても話が弾み、ゼミの話や北短の話など中でも今取り組んでいる卒論に関するアドバイスを聞けて良かったし参考にして今後も取り組んでいきたいと思いました。

今度は拓大の人が深川に来てミュージカルを鑑賞するということなので、この参加で私たちが良くしていただいたみたいにおもてなしできるといいし、深川の良さを伝えられるいい機会だと思います。今回の交流で貴重な話を聞いたり、この交流に参加しないとできない体験をさせていただいた学友会の方々には感謝しています。これからは、この体験を生かしながら残りの北短生活あるいは編入した後でも頑張っていきたいと思います。