HOME >  > 逍遥歌

作詞 石原 秋朗(十八期)

一、怒濤(どとう)逆巻く東瀛(とうえい)(くも)(くれない)の色に染み
    希望清新の香に満ちて 大日輪は現はれぬ

二、見よ紅陵の朝ぼらけ 春は霊気の四方(よも)に散り
    霞に咲くや桜花 露に尚武(しょうぶ)の香をたゝえ

三、薫風(くんぷう)渡る初夏(はつなつ)の 新緑匂う臥龍窟(がりゅうくつ)
    暁星淡くまたたきて 殉国の血に湧き返る

四、浮世の秋に風立ちて 血潮に染る紅葉葉(もみじば)
    落日赤く()ゆる時 見ずや我等の(きも)の色

五、大都の冬の空暗く 朔風(さくふう)()ゆる摩天林
    燭火(ともしび)寒き窓に()()ぞや易水悲歌の人

六、東漸(とうぜん)(せい)思はずや 西漸(せいぜん)の跡偲ばずや
    三聖生みて光輝ある 歴史は古し大亜細亜

七、眠れる獅子よとく醒めよ 醒めて亜細亜の為に泣け
    泣いて叫べよヒマラヤの 峰に傾く夕日影

創立百周年記念時に発行した「拓殖大学歌集」を主に編集した学部51期宮沢正幸氏によると、従来の「逍遥歌」は作詞者である18期石原秋朗(号を厳徹)先輩が『紅陵健児の歌第一』として作ったものを、後の学生が作詞者の許可を得ずに「逍遥歌」と改題したまま歌い継がれてしまったものである。ちなみに「紅陵健児の歌」は、『紅陵健児の歌第二部』であるとのことである。

Copyright (C) 2008 Takushoku Univ. Alumni Association All Rights Received